NEWS & COLUMN

お知らせ&コラム

もう古い!ワックスをフローリングに塗るのは時代遅れです!

2021.08.18

フロアコーティングコラム

「フローリングにワックス塗るのは常識でしょ!?」こんな言葉をきいたことありませんか。じつは、この考えは時代遅れだってしっていましたか。なぜなら、ワックスフリーの床材が主流になってきているからです。ワックスを塗ること自体がNGなので塗ってしまうともはやデメリット。

そこで今回は、ワックスがいらない理由を徹底的に解説。さらにワックスに変わる次世代型のフローリングメンテナンス方法をご紹介していきます。

✓この記事を書いた専門家

フローリングに「ワックス」が必要ない理由

フローリングにワックスが必要ないワケ「3つの要因」をご紹介します。

シートフローリングが主流だから

一口にフローリングと言っても、さまざまなタイプがあります。

・無垢フローリング
・複合フローリング
・シートフローリング

など、大きくわけて3つのタイプがあります。まずはご自宅の床がなにかをチェックしておきましょう。シートフローリングだったらワックスは不要です。

 

・無垢フローリングには「蜜蠟ワックス」

無垢のフローリングには、蜜蠟ワックスを選びましょう。無垢本来の質感・色味を損なうことなく保護してくれます。

無垢フローリングはどうしてもお手入れがめんどうですが、しっかりケアして長持ちさせたいですね。無垢専用コーティングもありますが取扱いしている会社が少ないのでDIYでワックスを塗るのが無難です。

・複合フローリングには「ワックスorフロアコーティング」

複合フローリングには、ワックスもしくはフロアコーティングを選びましょう。無垢材にちかいフローリングで天然木をはり合わせているため高級感があるフローリングの一種です。

ただし、無垢フローリングとおなじように日焼け・水分によわいのでメンテナンスをしてあげないと劣化していきます。定期的にワックスを塗る、入居する前にフロアコーティングしすなどご自身にあったメンテナンスをしていきましょう。

・シートフローリングには「フロアコーティング」

シートフローリングには、フロアコーティングを選びましょう。無垢フローリングや複合フローリングに比べて安価なことから新築で主流となってきました。

ただし、木目調のプリントをはっているだけなので耐久性には不安が残るフローリングです。劣化したらリフォームすることになってしまい割高になる可能性があるので注意が必要です。

劣化対策としてフロアコーティングをする人が増えてきているのはこのためです。

汚れが蓄積されやすいから

ワックスの効果として、ピカピカな床になるので高級感がでること。これが大きなメリットとしてあげられます。しかし、古いワックスの上に新しいワックスを塗ることで汚れが蓄積されることは意外としられていません。

このように古いワックスを剥離せずに塗りかさねてしまうと、黒ずんだ床になり見栄えがわるくなっていきます。さらに、埃やゴミも一緒にコーティングしてしまうので衛生的にもよくありません。

フロアコーティングだと1回塗るだけで10年以上も効果が持続するので、こちらを選ぶことをおすすめしています。

主婦には重労働だから

年に1~2回くらいワックス掛けをしている人も多いはず。いざするとなると、家具を動かす手間などがあり1人でやるにはそれなりの準備が必要です。さらに、上記でご紹介したように古いワックスを剥離してから取り掛かる必要があり、馴れていないと1日作業になります。主婦にはかなり重労働。

年齢をかさねていくと重労働が難しくなるため、60代くらいの女性からフロアコーティングに関する問い合わせが増えているのはこういった背景があります。

マイホームにはフロアコーティングがおすすめ

今回はワックスは時代遅れなワケをご紹介いましたが、いかがでしたか?

フローリングにも様々なタイプがあるので、ご自宅のフローリングにあったメンテナンス方法で寿命をのばしてあげてください。ワックス掛けは主婦にとって重労働なのでフロアコーティングをすることをおすすめします!

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。スモールLaboへのお仕事依頼・ご相談はLINEからお願い致します。

一覧ページへ戻る

GREETINGはじめまして!
福岡のフロアコーティング専門会社、
スモールLaboです。

主婦だから分かる!お客様目線を大切にするフロアコーティング。

はじめまして、フロアコーティングの専門店「スモールLabo」の代表をしているけいこです。
スモールLaboはこれまで福岡を中心に、はじめてマイホームをもつお客様、一人ひとりのご要望に沿ったフロアコーティングを施工してきました。

3年間で130件。多くはないけれど、ご紹介から繋がったうれしいご縁。

スモールLaboでは、新築戸建て、新築マンション、中古戸建て、中古マンションなど、3年間で約130件のお家を仕上げてきました。
130件と聞くと、少ない数字と思われるかもしれません。3年間で割ると1年で40件です。
この数字からおわかりのとおり、スモールLaboは決して大きな会社ではありません。
スタッフの数は、わたしを入れても2名という小さな会社ですが、どこにも負けない、良質なフロアコーティングを塗りつづけてきたという自信があります。
フロアコーティングに興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。
スモールLaboはフロアコーティングの興味のあるすべての方にとって身近な会社でありたいと思っています。

お家のこんな悩み、
フロアコーティングで解決!

  • 床の傷が
    気になる
  • 床の汚れを
    楽に落としたい
  • アルコールで
    除菌したい
  • ワックス掛け
    が面倒
  • 床が滑りやすく
    転倒が怖い

フロアコーティングとは?

フロアコーティングとは、床材の劣化や椅子などの家具による傷みなどを保護するためのものです。フローリング専用の塗料を塗布し皮膜をつくることで、様々な汚れや傷から床材を守ります。
よく聞くワックスと比べると、フロアコーティングは硬度が高く、耐久年数も長いため、メンテナンス性に優れています。
また、フロアコーティングは耐水性も高く、お子様がこぼしたジュース汚れや、ペットのおしっこなどにお困りの方にもおすすめです。
無垢材などの素材感を残したい方にも、光沢感の出ないフロアコーティングもございますので、お部屋の雰囲気をそのままに施工可能です。

フロアコーティングのメリット

  • 汚れの染み込みを防ぎ、
    汚れが落としやすくなりお掃除が楽です。
  • 皮膜が硬く、耐久性が強いため、一度の施工で長期間フローリングを傷から守ります。
  • 耐水効果が強く、水拭きしても大丈夫です。
  • アルコール除菌などでのお手入れもでき、床面を清潔で衛生的に保つことができます。

ここがポイント!子供の食べこぼしや、キッチン周りの油汚れなどもラクラクお掃除!

フロアコーティングのメリットと役割

ご相談・お見積り